チクニーのやり方を解説|男性でも思わず声が出てしまうほど気持ちいい乳首イキとは?

✏︎この記事のライター

安藤光

1987年、広島県広島市生まれ。大学卒業後、外資系玩具メーカーに入社。広報担当として自社メディア立ち上げを経験。2021年、「LOVE COMPASS(ラブコンパス)」監修者に就任。
乳首を刺激することで性的快感やオルガズムを得ることができるチクニーをご存知ですか?

チクニーは男性でも思わず声をあげてしまうほど気持ち良くなってしまうオナニーの手法です。

一方で、チクニーは乳首に非常に強い刺激を与えることになるので、場合によっては炎症を起こしたり、黒ばんだりすること危険があります。

いくらチクニーが気持ちいいからと言って乳首が痛くなったり、黒ばんだりするのは嫌ですよね。

そこで今回はチクニーのやり方について解説します。

正しいやり方でチクニーを行えば、乳首が痛くなったり、黒ばんだりすることなく、オナニーより強い性的快感を得ることができます。

ぜひ参考にしてチクニーにチャレンジしていただけたらと思います。

チクニーとは?

チクニー

乳首オナニーを略した乳首イキに関するワード。

乳首を刺激することで性的快感、オルガズムを得るオナニーの一種。

チクニーとは自分の指、大人のおもちゃを利用して乳首を刺激することで性的快感、オルガズムを得るオナニーです。

通常のオナニーのように射精すること絶頂に達するのではなく、チクニーはドライオルガズムのよって快感を得ます。

つまり射精後の賢者タイム(賢者モード)がチクニーの場合にはありません。

賢者タイムは、射精後にプロラクチンと呼ばれるホルモンが分泌されることによって、ドーパミンを抑制してリラックスするため性欲だけではなく、やる気や思考も停止した状態に陥ります。

このプロラクチンは射精することによって分泌されるものなので、射精を伴わないチクニーには賢者タイムが存在しません。

チクニーのやり方を知ることができれば、まるで女性のメスイキのように連続して何度も絶頂を迎えることができます。

チクニーのやり方

チクニーは乳首を弄るオナニーなので、まずは乳首を開発する必要があります。

生まれつき乳首が敏感な人以外は、乳首を触っても何も感じない人がほとんどだと思います。

チクニーで乳首イキできるようになるためには乳首を感じやすくすることが大事です。

乳首を敏感にすることは一見すると簡単そうに感じますが、自分の乳首の性感帯をピンポイントで見つけることは意外と難しいです。

何度もトライして自分の乳首が感じるポイントを探してみてください。

私の彼氏の場合、乳首を軽く摘みながら刺激を与えたり、指で弾いたりすることで徐々に乳首が開発されてきたと言ってました。

人によって感じるポイントが違うと思うので色々な方法で自分の乳首がビンビン感じるようにしてください。

ステップ①:チクニー前の準備

実際にチクニーを始める前に、人差し指と中指を乳首を挟むように軽く置いて、2本の指で乳首を摘むように優しく弄りましょう。

しばらくすると乳首が勃起してきます。

ある程度、乳首が勃起してきたら乳首を挟んでる指の力を少しだけ強くしてみてください。

ここで注意して頂きたいのが乳首への刺激が強すぎると炎症を起こして後で痛くなってしまいます。

イメージとしては指の腹を使って乳首を軽く弾くように触ってあげると乳首の感度が良くなります。

これをしばらく続けると勃起した乳首がさらにコリコリになってきます。

強い刺激が好きな人は爪を利用して乳首を弾くこともあります。

しかし、爪を利用するのは本当に刺激が強いのでチクニー初心者の方はもう少し慣れてからチャレンジしましょう。

爪で乳首を弾くのが好きな人はかなりレベルの高いマゾヒストです。

ステップ②:アダルト動画を見ながら体をリラックスさせる

ステップ1で乳首に刺激を与えて勃起させたら、引き続き乳首へ刺激を与えながらお気に入りのアダルト動画を見て体をリラックスさせましょう。

別にアダルト動画である必要はないのですがボーッとエロい妄想を膨らませながら体中の力を抜いていきます。

アダルト動画を見ると手が乳首ではなく下半身に思わず行きたくなってしまいますが、そこはグッと堪えて乳首から手を離さないでください。

そうすると徐々に体全体が超敏感になってきます。

無意識のうちにチクニーで絶頂を迎えたいという気持ちが芽生えてきます。

下記は気持ちを高めるために効果的な主な方法です。

①視覚:アダルト動画、エロ本、グラビア雑誌など
②聴覚:アダルト動画の喘ぎ声、自分の喘ぎ声など
③嗅覚:イランイラン、香水など

大事なことは気持ちを最大限に興奮させるために、ただ乳首を触るだけでなく視覚・聴覚・嗅覚からも刺激を与えてあげましょう。

ステップ③:チクニー本番

ここまで準備が整ったら、ようやくチクニーの本番をスタートすることができます。

乳首を摘んできた指を解いて、乳首を指先でふんわりと、くずぐるように触るフェザータッチに変更してください。

もしシルクのパジャマやハンカチがあれば、それを乳首に当てるのもかなり快感です。

シルクの優しい肌触りが乳首に刺激を与えて体中がゾクゾクしてしまいます。

チクニー好きの人の中には乳首の上にローションを垂らして中指の内側のペンだこができる部分で軽く乳首を弾く人もいます。

これを1分程度続けると自分でもビックリするくらい乳首がMAXに勃起します。

そのタイミングで次に親指と人差し指で捻るように摘んでみてください。

勃起した乳首を潰さないように螺旋状に乳首を回転させてあげることでさらに乳首の感度が良くなります。

これを何度も繰り返すといつの間にかチクニーの気持ち良さが最高潮に到達します。

この性的快感は我慢しても男性でも勝手に喘ぎ声が出てしまうほどです。

チクニーで射精しちゃう人も実は多い

チクニーはドライオルガズムなので射精することがないと言われてますが、あまりの気持ち良さから実は射精しちゃう人も多いです。

恥ずかしくてみんな口には出しませんが特に乳首が感じやすい人はペニスへの刺激がなくてもチクニーだけで出ちゃう人がいます。

私が実施した吉原の有名ソープ嬢のインタビューで、実際に乳首攻めだけで我慢できずに射精してしまう人は一定数いることを教えてくれました。

友人のお医者さんの見解ではチクニーの快感が脳内回路を通じてペニスに伝達して、ペニスへの刺激がなくても射精してしまうのではないかと言っていました。

しかし、実際のところ、なぜチクニーで射精してしまう人がいるのか謎は解決されていません。

ただ、チクニーは普通のペニスオナニーと異なり、ペニスに直接的な刺激を与えてるわけではないので射精したくてもできない状態になり我慢にも近い強い刺激が体に与えられます。

そのためカウパー液(ガマン汁)がドクドクと大量に分泌されて最終的には精液がタンクから溢れるような形で我慢できずに射精してしまうと語る経験者が多いです。

チクニーの注意点|やり過ぎは本当に危険

ここまでチクニーのやり方を中心に解説してきましたが、チクニーの注意点についてもぜひ覚えて頂けたらと思います。

チクニーで射精しちゃう人も一部いますが、すでに解説した通り、一般的にチクニーは射精を伴わないオナニー(ドライオルガズム)であります。

つまりチクニーはメスイキのように連続して何度もイクことができます。

普通のペニスオナニーは精液を一度出しちゃったら回復するまでに少し時間がかかります。

しかし、チクニーの場合、短期間で何度も絶頂を迎えることができます。

単刀直入に言うとチクニーは普通のペニスオナニーより中毒性があります。

普通のオナニーでも中学生は1日に何回もやる人がいますが、それでもせいぜい3回くらいでしょう。

チクニーの場合は何十回でも、何百回でもやろうと思えばできてしまいます。

そのためチクニーのやり過ぎでチクニー中毒になってしまったらチクニー以外の刺激では満足できない体になってしまいます。

実際にチクニーのやり過ぎで女性とのセックスで勃起できなかったり、フィニッシュできなかったりする人は多いです。

チクニーのやり過ぎには絶対に気をつけてください。

まとめ

チクニーはまるでメスイキのように何度も絶頂を迎えることができる最高のオナニーです。

そのあまりの気持ち良さから射精を伴わないドライオルガズムであるにも関わらず我慢できずに射精しちゃう人もいるほどです。

このメカニズムは未だに解明されてませんが、それくらい気持ちいいオナニーではることは間違いありません。

チクニーが上手にできるようになるためには脳内で「チクニー=超気持ちいい」と洗脳のようのマインドコンロールして刷り込ませることです。

一度でもチクニーでイクことができたら、もう脳内で乳首はイクための体のパーツとして認識されるので乳首を少し触るだけで簡単に感じてしまいます。

チクニー好きの人は、シャツが少し擦れるだけでも喘ぎ声が出ちゃう人もいます。

このようにチクニーは今まで感じたことがない強い性的快感を得ることができる一方で、普通のペニスオナニー以上に中毒性があります。

チクニー中毒者の中には、チクニー以外の刺激では何も感じられない体になってしまい女性とのセックスができなくなった人もいます。

また、チクニーのやり過ぎは乳首の炎症や黒ずみの原因にもなります。

チクニーは本当に最高に気持ちいいですが、やり過ぎにはくれぐれも注意してください。