寸止めオナニーのやり方とは?|射精を我慢するドMオナニー

✏︎この記事のライター

安藤光

1987年、広島県広島市生まれ。大学卒業後、外資系玩具メーカーに入社。広報担当として自社メディア立ち上げを経験。2021年、「LOVE COMPASS(ラブコンパス)」監修者に就任。

オナニーでイキそうになる直前に手を止めて我慢する寸止めオナニーをご存知でしょうか?

一般的にオナニーは射精することで性的快感を得ることができます。

しかし、あえて射精直前でストップして我慢することで通常のオナニーでは得ることができないイキそうでイケないもどかしい感覚を味わうことができます。

男性の中にはこのもどかしい感覚が実は多いのです。

また、寸止めオナニーは実際には射精してないので射精直前までのイキそうでイケない快感を何度も得ることもメリットです。

しかし、寸止めオナニーは逆行性射精によって、膀胱炎や勃起障害になる危険も備えています。

そのため寸止めオナニーは正しいやり方で行う必要があります。

そこで今回は寸止めオナニーのやり方について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

寸止めオナニーとは?

寸止めオナニー

射精直前でストップして我慢するオナニーの一種。

実際には射精してないので射精直前までの快感を何度も得ることができる。

寸止めオナニーは、通常のオナニーと同じように自分の手でペニスをシコシコしますが、イキそうになる射精直前で手をストップさせて射精を我慢するオナニーです。

射精しないことで射精直前までの性的快感を何度も感じることができるメリットがあります。

イキそうでイケないのでとてももどかしい感覚になりますが、これにハマった人は口を揃えて寸止めオナニーは射精より気持ち良いと言います。

寸止めオナニーのやり方

冒頭にも紹介しましたが、寸止めオナニーのやり過ぎは逆行性射精によって膀胱炎を発症することがあります。

その他にも精巣炎・前立腺炎・尿道炎・射精障害になる可能性もあります。

そのため寸止めオナニーは正しいやり方で行う必要があります。

ステップ①:心構え

まず覚えて頂きたいのが寸止めオナニーは週一回までにということです。

やはり寸止めオナニーのやり過ぎは逆行性射精によって色々な危険が高まります。

イキそうでイケない感覚は多くの男性にとって快感なのですがやればやるほど危険度は高くなのでやり過ぎには注意してください。

ステップ②:事前準備

寸止めオナニーは射精をただ我慢するだけのオナニーなので、寸止めオナニーをするためには、通常のオナニーと同じように自分の好きな方法でオナニーを開始してください。

アダルト動画、エロ本、オナホ、妄想など各自の方法でシコシコしてもらって大丈夫です。

ステップ③:射精直前でオナニーを止める

ここからが寸止めオナニーのスタートです。

オナニーでイキそうになって射精する直前のタイミングでシコシコしてる手をストップしてしてください。

射出されそうになる精液が出ないように気合を込めて我慢することも大事です。

もし本当に出そうな人は、シコってる手でペニスの根っこ部分を強く握り締めて精液が出そうなのを抑えましょう。

しかし、これは強引なやり方で、体にとっては大きな負担になるので、基本はシコっている手を止めても射精しないようにタイミングよく止めてください。

寸止めオナニーは精液を外に出すことができないのでオナニー後に睾丸周辺の筋肉が収縮してしばらく緊張状態にあります。

これを見てビックリされる人もいますが、これは時間が経てば元通りになるので心配しなくても大丈夫です。

寸止めオナニーの注意点

寸止めオナニーは射精直前でイクのを我慢して出そうになった精液を強制的に体内に戻すオナニーです。

つまり精液が体外に放出されないので逆流して膀胱に侵入することで逆行性射精になる危険が十分に考えられます。

逆行性射精

精液が陰茎から放出されず、逆方向の膀胱に流れ込んでしまう状態。

逆行性射精では、正常なら射精時に閉じているはずの膀胱の一部(膀胱頸部)が開いたままになり、精液が膀胱に逆流す。

逆行性射精 – 21. 男性の健康上の問題 – MSDマニュアル家庭版より引用

色々な危険がありますが、その中でも不妊症が一番の心配です。

また、逆行性射精で精液が逆流する膀胱は腎臓から送られてくる尿をトイレで排尿するまで一時的に溜めておくタンクの役割を果たす場所です。

決して精液を受け入れる場所ではないので膀胱に大きな負担がかかります。

膀胱炎になる可能性も非常に高くなります。

まとめ

ここまで寸止めオナニーのやり方について解説しました。

寸止めオナニーは通常のオナニーとは異なり、イキそうイケない独特の感覚が魅力のオナニーです。

しかし、寸止めオナニーは逆行性射精によって色々な病気になる危険性があることも紹介しました。

期間を空けてたまに寸止めオナニーする程度であれば問題ありませんが、毎日のように寸止めオナニーするのは絶対にやめてください。

本記事でも紹介しましたが、寸止めオナニーは週一回までにしましょう。